So-net無料ブログ作成

あなたを待ってる人がいます。
まず知って下さい。移植のこと。


ブログを作る(無料) powered by SSブログ

「医療幻想」を読むぞ(読前) [雑感]

facebookで、医師をやっている知人が読んだ本。

医療幻想: 「思い込み」が患者を殺す (ちくま新書)

医療幻想: 「思い込み」が患者を殺す (ちくま新書)

  • 作者: 久坂部 羊
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • 発売日: 2013/02/05
  • メディア: 新書

それで気になって、買ってみようかなぁと思いながら、
筑摩書房のHPで章立てを見たり、ネットの書評を読みあさった。

うーん・・・、と考え込んでしまった。



読む前に、このモヤモヤを書いておこうと思う。

今まで、高度な医療、先進医療にスポットがあてられてきたが、
それを必要とするのは、みんなじゃないかもしれない。
高齢化社会、医療費高騰と吹き込まれて、
病気になって、そんなにお金を使って人様に迷惑をかけたくない、
なんて思い始めた人が多いのかもしれない。

そんな風潮の中で、世間が抱く医療のイメージを、
医療の真ん中にいる医師が、思いを吐露するそんな本なのか。
そして、新たな一面が見えるようになって、
今までの医療は・・・なんて語る人が多いんだろうなぁ。

医療に関わる人は、とてもたくさんいる。
当事者としたら医者と患者、
医者を支える大学だったり、製薬会社だったり、
患者を支える家族や患者会、
それと、保険制度に加入している人たち。

立場が違えば、言うことは違う。
また同じ立場でも、考え方は違う人はたくさんいるだろう。

この本も、医者のもう一つの視点に過ぎないだろう。
この著者は、幻想にとらわれるな、自分で考えろ!
と言っているんだろうな、ほんとは。(まだ読んでないのでわかりませんが。)

幻想にとらわれやすい思考停止した人たちに、
少しでも考えるきっかけを与えたくて、違う視点を見せてあげたのに、
その視点が正しいと新たな幻想を抱く、そんなジレンマが生まれそう。
レビューを読んでいて、そんな思いを抱きました。

検査が無駄だ・・・なんて言う人は、不安をどう払拭するんでしょう。
まだやりたいことを残しているのに、余命が足りないと宣告されたら、
簡単に生きることをあきらめられるのでしょうか?
だれもが想像力を少しかき立てれば、弱者に寄り添えるはずなのに。

命を求める人がいるなら、それに応えるのが医療というサービス業。
医師はサービスを向上させるのが勤めだと思うし、
患者はサービスを見極め、選択するのが賢いと思う。

この本の著者は、何を読者に伝えたいんだろう。
レビューを見る限り、イマイチな気がするんだけど・・・
まぁ、それは読者によるから仕方なしか。

ここまで語って、読まないわけには行きません。
この本を読むと、僕の考えはどう変わるのだろう?楽しみです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます